バストアップ

  • ホーム
  • バストアップ >
  • 理想のバストへ

理想のバストへ

女性ホルモンとの関係

女性ホルモンには、卵巣で作られる「エストロゲン」と「プロゲステロン」と呼ばれる女性ホルモンがあります。
一生のうちで分泌される量は、スプーン1杯分といわれています。
ごく微量の女性ホルモンですが、バストアップにはともて重要な働きを持っているのです。
エストロゲンとプロゲステロンが上昇すると乳房内の乳管が大きくなります。
この時期が最大のバストアップの時期と言われています。

女性らしい体つきになるには、女性ホルモンの活性化が必要なんですね。

また、これらの女性ホルモンの分泌がスムーズになると、一般的にバストアップはもちろんのこと、エストロゲンは肌の下層に存在するコラーゲンやエラスチンを活性化させ、肌の弾力性や潤いを増すことで、シワをなくして美肌の促進を期待することができます。
お肌と髪にハリやツヤが増したり、女性特有の症状としても上げられる、冷え性、貧血、さらに生理不順や生理痛などの軽減といった女性に嬉しい効果が期待できます。

こうした女性ホルモンは下垂体(脳)でつくられる黄体ホルモンと卵胞刺激ホルモンにより調整されています。
(女性ホルモンは思春期に多く分泌され、少しずつ減っていきます。更年期では更に減少。)

そして・・・
女性ホルモンの最大の敵は、過度のストレスやインスタント食品を多く食べること、極端なダイエット、骨盤のゆがみ、運動をほとんどしないようなアンバランスな生活を送ること。
これらは女性ホルモンの分泌促進を阻む原因とされています。
日常のゆとりやバランスをとる生活も、豊かなバストを育成するには欠かせない要素を言えます。
分泌が盛んな時期は、体内の血液が集まってきているので、バストに栄養もたくさん運ばれてきます。
ホームケアの一環として、良質のタンパク質やサプリメントを上手に摂取しましょう。

バストの仕組み

胸の仕組みを知ると、バストアップに必要なことが見えてきます。

バストの主な部分
乳腺

バストのふくらみはこの乳腺の発達程度と、皮下脂肪のつきかたによって決定されます。乳腺は脂肪と並んで、バストの大きさ・美しさを決定づける大きな要素です。

皮下脂肪

バストの脂肪は乳腺のまわりを包み込み、優しく保護する役割を持っています。
乳腺とともにバストの大きさを左右し、その形を決める大きな要素となります。
フラッシュバストアップはこの脂肪に含まれる既存の脂肪組織を大きくし、リンパ管に流れる老廃物を含まない純粋な脂肪液を流し込み、ふっくらとした脂肪細胞を構築する作用をします。

クーパー靱帯

バストの主な部分乳腺の表面から皮膚に向かってのびる線状構造。胸の張りを支えている重要な箇所となり、この靱帯が激しい運動等で切断されると乳房全体を支えることが出来なくなり、下垂(垂れた)した状態を生みます。この靱帯は、コラーゲン組織で構成されており、光を当てることにより、コラーゲン組織を新生を促すことができるので、現在下垂や張りを失った胸も靱帯が強化され、バストアップに非常に有効です。

あなたのタイプは?

バストの形も、人ぞれぞれです。あなたは、どのタイプ?

円盤タイプ

円盤タイプトップとアンダーの差が少なく、お皿を伏せたような形で薄い盛り上がりがあるもの。日本女性に最も多く見られる平均的な形です。

円錐タイプ

円錐タイプ半円球型ほど盛り上がってはいないが、乳頭が前方に突き出しています。非常に均整がとれており、欧米の女性に多い形。

扁平タイプ

扁平タイプ乳腺や皮下脂肪の体積が少なく、盛り上りがわずかな未成熟型。

ピラミッドタイプ

ピラミッドタイプ半円球型と円錐型を併せたような形。大きく豊かで前に突き出しています。トップとアンダーの差が最も大きくセクシーな印象がありますが、加齢や授乳によって下垂しやすい傾向にあります。

円球タイプ

円球タイプ球をちょうど半分に割ったような形で、全体的に丸く盛り上がっています。理想的な美しい乳房といわれるのはこの形が多い。

下垂タイプ

下垂タイプ釣鐘型ですが、乳頭が完全に下を向き、乳房全体が下垂した形。黒人女性に数多く見られます。

下垂タイプに似てる私のおっぱい・・・別のタイプに近づかないかな・・・

美乳の公式

サイズでは決められない、バストの美しさ

胸囲÷身長

あなたの数値が0.50~0.53なら標準タイプ。
0.54以上の方は大きめです。
0.49以下の方は小さめといわれています。

いくつチェックできますか?理想のバストの形
  • 胸骨から乳頭にかけて少しずつふくらみが始まり、そのふくらみは乳頭を中心とする円錐型になっている
  • 左右の乳首の間隔が顔の幅と同じであること
  • 左右の乳頭を結んだ線の中心点からあごまでの長さが同じくらいであること
  • 左右の乳頭を結んだ線と、左右の鎖骨の中心点を結ぶ線がほぼ正三角形であること
  • 乳房の厚みが、胸壁から8~10cm程度であること
  • 左右の乳頭の中心からあごの長さと、顔の長さがほぼ同じであること
  • 乳房はやや上向きで、なおかつやや外を向いていること
  • 胸骨から乳頭にかけて少しずつふくらみが始まり、そのふくらみは乳頭を中心とする円錐型になっている
  • バストサイズとヒップサイズがほぼ等しいこと

パーフェクトって難しいなぁ。
ふくらみの少ないバストトップの上側がピンポイントでふっくらしたり、
右のおっぱいだけ大きくできないかな・・・

理想のバストへスタイルアップ

あなたの気になるポイントへ結果を出します。

FBSでは、きめ細やかなカウンセリングを行い、お客様に適したバスト形成を提案させていただきます。
この他のタイプでもお一人お一人に合わせたプランニングを提案させて頂きます。

TOTAL UP

TOTAL UP全体をバストアップ
どこから見ても完璧な胸を目指したい方にオススメです。

DECOLLETE UP

DECOLLETE UP上部をバストアップ
胸にハリが欲しい、若々しい胸にしたい方に。

VALLEY UP

VALLEY UP内側をバストアップ
谷間を作りたい方、左右の胸が少し離れている方に。

BALANCE UP

BALANCE UP左右のバランス
左右の胸の形や大きさを揃えたい場合にも。

VOLUME UP

VOLUME UP外側をバストアップ
ボリューム感を出したい方、グラマラスな胸を目指す方に。

授乳後の方にも、お勧めです。
授乳後の下垂でお悩みの方には、特にご好評を頂いております



PAGE TOP